UTOPIA


MODERN BUENOS AIRES,
NATIVE ARGENTINA.

LIFE IS JOURNEY! pop up shop


2017.3.18 SAT - 3.31 Fri

恵文社 一乗寺店

OPEN: 10:00-21:00
年中無休

 

アルゼンチンといえば…
情熱的なタンゴに広がる荒野、ポンチョを羽織って馬を駆るガウチョたち。
多くの人はそんなイメージをお持ちではないでしょうか。

第三国的なイメージを持たれることも多いアルゼンチンですが、その首都ブエノスアイレスは、ユネスコから初めてデザイン都市として認定された街でもあります。モダンな建築に現代アートが盛んなこの街では、若手デザイナーが活躍し、彼らが作るプロダクトは世界中に発信されています。

一方、広大な土地を有するアルゼンチンでは今でもグアラニー族をはじめとする、様々なインディオたちが生活しています。彼らの多くは今でも自然と共存し、狩りをするか、カゴ編みや彫刻などの手工芸を生業としています。また、現代のアルゼンチン人の生活には欠かせないマテ茶を飲む文化、これもグアラニー族の知恵から始まりました。

今回のPOP UP SHOPではブエノスアイレスの現代美術館MALBAのミュージアムショップより人気の若手デザイナー5人のプロダクトに加え、ネイティヴであるインディオ達の作品をラインナップ。どちらも日本ではなかなか手に入らない、レアなアイテムを限定販売いたします。また、書店ならではの切り口として、マジックリアリズムに代表される文学の肥沃な土壌としても知られているアルゼンチンから、ボルヘスやコルタサル、プイグによる文学作品や、南米に文字通り革命を起こしたチェ・ゲバラによる手記、チャトウィンによる旅行記など、文学的側面からもアルゼンチンを俯瞰できる書籍を取りそろえます。

さらには「飲むサラダ」と言われ、南米の人の健康維持に欠かせないマテ茶を本格的な茶器を用いてお楽しみいただけるようにしています。地球の裏側、遠いアルゼンチンの文化を肌で感じに、是非いらしてください。

 

恵文社 一乗寺店

〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10
電話: 075-711-5919
営業時間: 10:00 ? 21:00(年末年始を除く)
営業日: 年中無休(元日を除く)

アクセス情報はこちら

恵文社ホームページ
http://www.keibunsha-store.com